〈ダイフク〉代表取締役 海田 力

――  株式会社ダイフクの名前の由来を教えてください。
ひとつは、親しみやすさと覚えやすさですね。そしてもうひとつは、堺を大きな福で包みたいという想いから株式会社ダイフクと名付けました。また当社のロゴマークは古墳の形になっておりまして、私の生まれ育ったこの堺市を盛り上げていきたいという想いから古墳の形にしました。

――  こだわりやコンセプトを教えてください。
ダイフクのこだわりとして、従業員の皆さんが仕事を楽しく出来る環境づくりを行っております。仕事は人生の大半を締めておりますので、職場はハッピーな環境でなければならないと考えています。また、沢山あるの会社の中からダイフクという会社を選んで来ていただいているので、この職場をハッピーにするということが私の使命だと思っています。

――  独自の特徴などあれば教えてください。
特徴はたくさんあるのですが、ダイフクは保育園も行っております。介護職は早出と遅出がありまして、通常の保育園では中々対応してくれなかったり、追加料金がかかったりしますのでそういった部分にも対応できる保育園を従業員のための福利厚生として活用出来るようにしています。次に、現在のお年寄りの方々の老人ホームへのご入居状況ですが、不思議な状況になってます。具体的には様々な理由で年金を支払って無かった方は、年金受給資格が無いため生活保護を受け多くの老人ホームが受け皿となってます。しかし一方では、月の年金受給額が10万円程度の方が多くいらっしゃいます。この方たちが施設に入居しようとしたとして、費用面で入居できる施設は特別養護老人ホーム等に限られてきます。ただ特別養護老人ホーム等は多くの入居待ちであり介護度が高く無ければ入居出来ません。生活保護の方々は家賃・食費・その他の経費10万円程度が国から保証され、介護・医療等の負担金も免除される訳です。ただ一方年金10万円位の方は介護・医療の自己負担分を捻出する事が出来ず、多く認可を受けている老人ホームに入居することが出来ない現状です。そういった本当に困ってらっしゃる方々が安心してご入居出来る老人ホームをこの度オープン致しました!(勿論、そういった趣旨の老人ホームなのでお金を沢山持ってらっしゃる方はお断りさせて頂いてます、、、笑)敷金0円/月額料金72,000円(家賃26,000円 管理費10,000(税別)食費36,000円(税別30日の場合))
次に、幸せのパンケーキですが、一見異業種ではあるのですが、外出しにくい、おじいちゃん・おばあちゃん達にも食べていただけるように出張で来てもらって、ジャズを聴きながらコーヒーを飲みパンケーキを召し上がっていただくということもさせて頂いています。このように会社の中でいろいろな引き出しを持って活用しサービスの向上を図っています。

――  この仕事をしてて嬉しかったことはなんですか?
私自身、看護師の資格もなければケアマネの資格も持っていませんので、現場にいっても利益を出せません。現場で働いてくれる方がいるからこそ、私たちの商売が成り立っているんです。ですので従業員のみなさんには日々感謝しています。

――  幸せのパンケーキは従業員の方の想いから生まれたとありますが、どのような想いで始められたのでしょうか?
元々、介護事業と給食事業の二本柱で行っておりまして、給食事業は高齢者向けの給食になりますので白衣を着て黙々と給食を作るという地味な仕事なんです。そんな中、ある従業員が将来カフェなど華やかな仕事がしたいと雑談しているのを聞き、何かダイフクでも出来ることはないかと模索してました。そしてある時、幸せのパンケーキの創業者とお話する機会があり、想いを伝えて一年後に堺で幸せのパンケーキをOPENすることになりました。

――  今、特に力を入れている事業はありますか?
2020年の12月1日に、幸せのパンケーキの堺東店がOPENするんですよ。駅前ロータリー沿いにありまして非常に力を入れております。またコロナ対策としてパンケーキのテイクアウトを出来るようにして新しいドリンクも開発しました。

――  たくさんの従業員がおられますが、従業員とのコミュニケーションで気を付けていることは?
従業員が増えてくると、一人ひとりのコミュニケーションが難しくなってきますので、お誕生日の時にメッセージカードに感謝の気持ちを書きクオカードをつけて現場まで出向いてお渡ししています。

――  新型コロナウイルスの影響はありますか?
はいありました。まず、幸せのパンケーキの方は、自粛規制になった時にお店がものすごく流行ったんですよ。嬉しい反面、逆に心配になりました。もしお客様や従業員に感染して家族にも影響が出てしまったら大変だと思い、どこよりも早く休業することにしました。介護事業に関しては、定期的に行っているイベントも中止にし早急に感染症対策の備品を購入し支給しました。おかげさまで感染者は出ず、売上も戻ってきています。

――  堺市に本社を置く企業として今の堺市をどう思いますか?
いい街だと思いますし大好きな街です。少しでも恩返しが出来ればと思っています。

――  堺市はSDGs未来都市に選定されているのですがSDGsについてどのようにお考えですか?
はい、現在ダイフクでも検討しておりまして、各部署で私たちに何が出来るのかというところを模索しています。例えば、使い捨ての傘を使わない事やエコバックを使う事、それと食品ロスをなくすなどですね。
「3.すべての人に健康と福祉を」・「5.ジェンダー平等を実現しよう」・「11.住み続けられるまちづくり」・「12.つくる責任つかう責任」

――  会社としての目標や野望をお聞かせください。
目標や野望というものは特にありません。ただ、今働いてくれている皆さんが、より一層豊かになるような取り組みは今後も行っていきます。

株式会社ダイフク
〒599-8247 堺市中区東山43-1
https://daifuku-osaka.com

制作の流れ

ご注文の流れ

打合から完成まで、全ての項目に納得いただけるようご対応いたします。

会社概要

ABOUT US

独自の戦略を提案し、堺商人たちの魅力を最大限に引き出し、
未来を見据えた持続可能な企業経営のサポートを目的とする、
中小企業専門のデザイン会社です。

お問い合わせ

CONTACT US

お客様の目的とご予算に応じて、より効果的な戦略をご提案します。
また、印刷や折込のみや、看板の施工もご注文も頂けますので
気軽にご相談ください。

経営者インタビュー 先週企業の強みを引出し長期経営に導くデザイン