〈関西貿易〉代表取締役  森 勲

――まず、事業を始めるきっかけを教えてください。
私は、もともとは大手企業で技術者として勤めていました。そこで色々な経験していく中で、働き方として、このままで良いのかという気持ちと、自分の中で一生の働き方というのは自分でしか見つけられないのではないかと思い、退職し起業しました。計画的に進めた訳ではなかったので、はじめは色々な苦労もありましたが、ここまで成長することができました。振り返れば、私はツイているとしか言いようがありません。

――株式会社コーヨーという会社も経営されているのでしょか?こちらはどういった事業なのでしょうか?
もともと光洋精機株式会社という社名で父親が経営していまして、私が継承したのです。現在は物流事業、部品事業、派遣事業を行っています。派遣事業については、派遣先の物流倉庫の中で一手にやってるという形で、特定派遣に似た形で、その仕事に特化してます。だから1つの仕事の全部請け負いという形でもいいんですが、業務提携上、派遣の方がスムーズに流れるということで行っています。

――経営理念を教えて下さい。
「すべてが幸せになるための会社づくり」です。
会社の経営理念というのは、働いている時間は非常に長いわけですからね。そこで充実、幸福を感じられなかったら人生そのものが幸せでないということになるのです。ですので仕事の中で幸せを感じるという事が一番大事であるということなんです。よくあるじゃないですか、「自分の人生を楽しくするために、しんどい仕事を頑張る」、それは違うということなんです。エンプロイ、サティスファクションがなければ、ES(Employee Satisfaction)といわれるところがなければ、顧客を満足させることができない。だから順番で言ったら、従業員ファ−ストになるでしょうね。昔の世代と話しをしてますと、お客さんの満足は、我々の幸せだからと言われる方も、それは間違いではないんですが、どちらかと言えば、社員満足の方が先に来るんじゃないでしょうか。そして、それが今の時代の考え方です。

――自慢出来ることはありますか?
社員さん達が素直ということですかね。それと全体年齢が若いということです。関西貿易では平均年齢37歳です。ベトナム実習生もいますが、違和感もなく、その辺は人間性が高いんじゃないかなと思っています。コミュニケーションがよく取れているますので、差別など一切ありません。従業員たちが理解し合っていて、またそれが普通だと思っています。雇用にあたっては、現地ベトナムに行って面接を行っています。

――今、特に力を入れている事はありますか?
社員教育ですね。月1回、zoomで全員参加します。仕事中で参加できない人は時間外参加します。時間内と時間外の枠を設け選べるようにしています。時間は1時間かけます。今年のテーマは、「何のために働くのか」です。1年間12個のカテゴリーにして、私が全部準備しています。「何のために働くのか、何のために仕事をするのか」の追求を行っていきます。何のために働くかって、なかなか答えられませんが、追求しある程度それを絞り込めたら、かならずいい仕事が出来ると私は思います。またそれは年代、経験、色んなことによって変わってくるんです。変わらなければダメなんですよね。

――将来的に、この会社は誰が継承されるのですか?
関西貿易は今年で26年目を迎えます。会社の継承については、色々と10年スパンで考えている中にあります。私の子供たちは就職していますし、自分達の考えで進んで行ってほしいと思っています。現在のところ、継承は社員の中から優秀な人材に任せようと考えています。

――新型コロナウイルスの影響はありますか?
去年は、ありましたが、今年はあまり影響はないです。当社のお客様で輸出をしている会社が多いので、ここは逆にコロナが原因で顕著になってきましたね。ものが売れるところ、売れないところが、はっきり分かれていますね。

――堺市で事業を行う会社として、今の堺市をどう思いますか?
堺市は、モノ作りに行政が熱心ですので、商工会議所などもモノ作りに取り組んでいる事業などには、すごく協力的でモノ作りに取り組みやすい都市じゃないでしょうか。モノ作り以外にも、貿易も行いやすく立地的には恵まれていると思います。不満点というと、堺市としての特色がないように感じます。与謝野晶子と千利休や古墳などありますが、もう少しやり方がないのかと思いますね。神戸市のようにカッコよく出来たらいいですね。

――SDGsについてのお考えや取り組み内容を教えてください。
特に掲げている訳ではありませんが、クリーンエネルギーについてはもちろん、従業員の働きがいや技術革新、人や国の不平等、作る責任、そして住み続けられる街づくりに当てはまりますね。

――今後の目標をお聞かせください。
中期の方向性では、まちがいなくクリーンエネルギーにあてると思いますね。それは、先駆けてやらなければと思っています。それとITですね。クリーンエネルギーについては、それを推進するためには、CO₂の排出を意識するということですね。電気量を少なくすることです。今まではコストを削減する目的だったんですが、そうではなく、CO₂の削減過程から電気を使わないようにすることですね。環境を考えるということは、経営につながるかという話と一緒で、実は密接につながっているんです。例えば工場が綺麗な会社、それを意識していうというのは、やっぱり生産効率が違うのです。だから生産効率が高い会社というのは、絶対に怪我しないとか、安全であるとかです。だから、安全や環境、そしてクリーンエネルギーなどを意識せずにいるということは、実は業績に直結しているんです。うちは小規模やから関係ないわ。という意識でいると、生き残っていけないと感じています。そんな時代に入っていると思います。

有限会社 関西貿易
〒599-8234
大阪府堺市中区土塔町2158-1
https://kansaitrading.co.jp
 
 
 

制作の流れ

ご注文の流れ

打合から完成まで、全ての項目に納得いただけるようご対応いたします。

会社概要

ABOUT US

独自の戦略を提案し、堺商人たちの魅力を最大限に引き出し、
未来を見据えた持続可能な企業経営のサポートを目的とする、
中小企業専門のデザイン会社です。

お問い合わせ

CONTACT US

お客様の目的とご予算に応じて、より効果的な戦略をご提案します。
また、印刷や折込のみや、看板の施工もご注文も頂けますので
気軽にご相談ください。

堺市のおすすめホームページ制作会社に選ばれました。